blog

Instagram運用~旅行業界編~

2023.12.20 Wed.

「旅行系のInstagramを運用したい」「運用しているけどリーチ数がなかなか伸びない」そんな方のために!
今回は、旅行系のInstagramにフォーカスを当てた運用のノウハウをご紹介していきます。

〈旅行業界におけるInstagramの重要性〉

旅行業界とInstagramは最も相性が良いと言えます。
なぜなら旅先のリアルなビジュアルを写真や動画によって伝達できるため、Instagramは視覚的訴求力がもっとも高いSNSと言われています。多くの情報が溢れている中で、旅先を選択する際はSNS上で探し、そこからネットで検索・予約をするという流れが世の中で出来上がっているため、旅行業界ではInstagramの活用が重要となっています。

旅行アカウントのリーチ数を伸ばすには

コンセプト設計をする

コンセプトを設計するにあたって最も重要なことは、ユーザーにとってフォローするメリットを伝えるためのテーマを決めることです。
テーマを決めるためには、まず競合アカウントや市場感を見る必要があります。次にターゲット像を固め、アカウントのキャッチコピー(※旅行アカウントの成功事例参照)を定めることが重要です。

表紙の選別を意識する

フィード投稿においてリーチを伸ばすには、ユーザーからのアクションが重要となります。具体的にはいいね・保存・コメントを獲得することにより発見タブに載りやすくなるため、参考にしやすい画像の選別が必要です。

◆表紙に人物を映り込ませる
場所のみを映した画像を使うのではなく人物を映り込ませることによって、更にリアルな旅先を感じることができます。

◆クオリティの高い画像を使用する
高画質でクオリティの高い画像は、閲覧数が伸びやすい傾向にあります。写真や動画でリアルな情報を視覚的に伝えられることで注目を集めやすいのがInstagramの特徴です。

◆表紙にスポットの特徴を入れる
「◯選」「TOP〇」などの具体的な数値を入れることによりインパクトが増します。
また、表紙を見ただけで内容が全て完結してしまうものではスクロールしてもらえないため、「ヤバいホテル」「実際どうなの?」などといった続きが気になってしまうようなキャッチコピーを含める手法もあります。(※旅行アカウントの成功事例参照)

ハッシュタグや位置情報を付ける​​

普段Instagramで旅先を調べる時、「◯◯旅行」「◯◯観光」などと調べた経験はありませんか?ハッシュタグや位置情報はInstagramの検索に影響があります。ハッシュタグや位置情報をつけるとフォロワーのフィード投稿やストーリーの中にも現れるため、ユーザーに発見されやすくなりリーチ数に繋がります。

旅行アカウントの成功事例

上記のアルゴリズムを踏まえて、旅行業界においてリーチが伸びる方法を成功事例とともに3つご紹介します。

【公式】オトナ旅。一度は訪れてみたい日本の名所

https://www.instagram.com/otonatabi_japan/

まず紹介するアカウントは、フォロワー数26万人(2023年11月時点)を抱える「オトナ旅。一度は訪れてみたい日本の名所」さんです。このアカウントは「オトナ旅」をコンセプトとしています。ハッシュタグをつけてくれたユーザーの投稿をタグ付けして紹介するUGC投稿といった、ユーザーとのコミュニケーションを駆使しているアカウントです。尚且つクオリティの高い高画質な画像を使用している点も大人らしさを表現し、リーチ数獲得に繋がっていると考えられます。

タビジョ

https://www.instagram.com/tabi_jyo/

次に紹介するアカウントは、フォロワー数8.2万人(2023年11月時点)を抱える「タビジョ」さんです。このアカウントは、HISが運用しており「旅好き女子のための女子旅」というコンセプトとなっております。フィード投稿には人物が映り込んでいる写真を多く使用し、マガジン風の表紙を活用した良い点であると言えます。

くぼたび | 旅に生きるアラサー夫婦

 https://www.instagram.com/kubo_tabi_/

3つ目に紹介するアカウントは、フォロワー数86.1万人(2023年11月時点)を抱える「くぼたび | 旅に生きるアラサー夫婦」さんです。リールを活用し、ホテルやおすすめスポットを紹介しているアカウントです。表紙でスポットの特徴を掲げ、更に夫婦での出演によるリアルさを訴求しています。また、スポット名を最後に持ってくることによって、動画視聴の滞在時間を引き伸ばしをしていると考えられます。「やばいホテル」や「とんでもなかった」などの続きが気になってしまうようなタイトル設計にしている点もこちらのアカウントが伸びている理由の1つです。

〈まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は旅行業界におけるInstagramのリーチの伸ばし方を紹介しました。
今や旅行業界のSNSの活用は非常に重要視されるようになりました。
当社GLAPentertainment(グラップエンターテイメント)では、お客様の目的に合わせたプランニングによるSNS運用を行っております。
SNS運用はもちろん、キャンペーンの実施も可能ですので「SNSを運用しているけどなかなか投稿が伸びない」という方は、ぜひお気軽にこちらにお問い合わせください。

Other News

blog

GLAP代表坂本の起業秘話インタビュー!「広告道や世の中への発信に対して"こうだ!"と思う自分なりの考えがあったので、それを突き通すためにも起業という道を選びました」

こんにちは! 本日は、弊社代表の坂本がGLAPを起業した経緯、経営者の一人として日々どう考え、どう日々仕事や会社のメンバーと向き合っているのか、インタビュー形式でご紹介させていただきます。 GLAP起業から約2年半。1期 […]

2022.01.29 Sat.

blog

型にハマれないなら、ハマりたくないなら、エンターテイメントを届ける側に回ってみては?GLAPが掲げる「遊びゴコロという名のソリューション」とは。

こんにちは! 突然ですがみなさん、仕事に「遊び心」って必要だと思いますか? 「仕事なんだから、まじめにやって当然。ふざけたり、遊んだりするのは就業時間以外ですること。」という考えの社会人も多いと思います。私も、お堅い会社 […]

2022.03.04 Fri.

blog

ホテル・宿泊施設のInstagramアカウントこそ力を入れるべき理由と、運用のポイント。

こんにちは。 当社はこれまで数多くのクライアント様のInstagramアカウント運用をさせていただいておりますが、その中でもホテル・宿泊施設関連のクライアント様達とは長くお付き合いをさせていただいております。 これまでの […]

2022.03.27 Sun.